camera contax 167 200mm Hirakawa zoo



だいぶ昔のネガフイルム(白黒ネガフイルム)から近くの動物園の住人ライオンさんのスライドショーを作ってみました。

だいぶ前にアップしたものですが私的には気に入ってるカットがあったので皆様にもぜひと思いました。

今ではここ kagosima hirakawa Zoo 鹿児島平川動物公園ではもうこのライオン夫婦はいなくなり若い雄ライオンさんがかわりに住むようになっています。

cameraはその頃コンタックス167に200ミリだったと覚えています。

このころ(25年ほど前)は白黒フイルムしか使用しておらず、すべて自家処理でした。

撮影だけでなくフイルム現像やプリント作業などなんでも自分ひとりで最後まで納得行くまで出来ることがちょっとした喜びでもありました。

現在はいつのまにかいろんな職業を経て写真プリント屋さんになっているのですから、おもしろいものですねぇ・・・。

いまはデジタルcamera撮ってコンピュータさえあれば同じようなことも簡単に出来ますね。

しかし当時はフイルム現像にも液温管理とか攪拌処理のやりかたを工夫したりとか、プリントなどもいろんな本を見て試行錯誤しかなりの時間を費やしやっと気に入った写真だけをプリントしていましたのでプリント枚数はとんでもなく少ないと思います。

いまはその頃の埋もれている白黒ネガを数万カット?フイルムスキャナーでデーター化しようかな、と思っております。少しは済みましたが・・・。

やはり若いときの写真は雑だったりしますが元気があってとても懐かしいおもいです。