ギターから始まって

実はわたしは中学校3年のころにギターを1本父親に買ってもらいました。それはそれまで親から買ってもえらったもののなかで一番のプレゼントに思えました。
そんな両親は喧嘩のたえない夫婦だったように覚えております。その父ももう25年前に肝硬変が原因で他界しました。その父は剣道が好きでしたし道場によく通っていました。
母は今でも健在で84歳になります、最近は腰が痛いと言っていますが口の方はまだまだ達者です。話をすこし戻してと・・・ギターのことですがヤマハの1万円ちょっとしたF~なんとかというとても弾きやすいものでクラスのギター仲間とよく吉田拓郎・井上揚水・かぐやひめ・五つの赤い風船・・・などよく練習していたものでした。青夢風というグループ名で公民館などでよくコンサートなどもしていました。オリジナルなんかも数曲ありましたねえ、グループとは別にギターのうまい友達がいてそのことガロやクロスビースティルスナッシュアンドヤングなどもやってましたねえ・・・ああ懐かしい。
その当時はよっぽどギター・フォークソングが好きだったんでしょうねぇ・・・テスト前日の夜でもふとんをくるまってギターの練習のみしてた覚えがあります。そして元気でした!鉄棒なんかもぶんぶん大車輪とかして。これほんと!!昼休み時間などは少ないボールのうばいあいでしたねぇ・・・あのころはほんと元気でした。
そういえば当時はすべて手造りでしたねぇ、コンサートをするにしてもポスターなどは(いまだに実家の天井に貼ってあります)ボール紙に太い文字を手書きしてそれをカッターで切り抜いてそれを型番にしてスプレーで書き込むとか絵を描きこんだりしてがんばっていました。
たくさんのグループや歌手の歌詞やギターコードもコピー機やコンピュータ・インターネット等はなかったのですべて手書きでした。
まだエレキギターも少なかったような記憶がかすかに・・・ベンチャーズでしたもんねぇそのとうじは友達のお兄さんがやっててかっこいいなあと感激したことがありました!そうそう!
少し中規模コンサートの前週のときなどは汽車(蒸気機関車)で9つ駅くらい前の街まで出て紹介してもらった大学のフォークサークルグループの長に焼酎1本持ってPA機材を貸してくださいと頼みにいったりもしてそこからいろんなつながりができたりして・・・いい思い出です。
はじめて今のお家に住むようになった
かわいい女のこでした
あかちゃんもいっぱい生みましたよ!
そんな中で中学3年に現在のおくさんに出会ったわけですが、・・・ギターの話からやっとココまできました、考えてみますともお40年近くになります子供も上2人は成人を終え職に就けていますし下の子も元気に学校生活に励んでいるようです。その子が今中学3年生最近ではあまり話しも少なくなりましたが、たまにギターを持ってきて「これどうやったら弾けるのけ?」(鹿児島弁)と聞くのです。そうです長男も次男もギターをいつからともなく弾きたがるようになっていました。